2007年11月15日

ボジョレーヌーボー解禁


 こんにちは!

久しぶりに記事を更新しようと思います。

今日はボジョレーヌーボーの解禁日ですね。

私は、余りワインを飲む方ではないのですが

解禁日を向かえたボジョレーヌーボーに関しては

毎年飲んでいます。

好きだから飲むと言うよりかは

今年の味はどうだろうって興味があるのと

イベント的な事が好きで、話のネタになるから飲んでいます。

恐らく、私と同じ様な考えの方が多いのでは、、、。

ボジョレーヌーボーが、なぜ日本で毎年賑わいを見せているか

と言うと、味に特別な訳ではありません。

飲まれている方はご存知かと思いますが

解禁日が毎年11月の第3木曜日

日付変更線の関係上、日本がもっとも早く

解禁日が来るからです。

(もちろん、解禁日前に入荷があっても販売する事や飲む事は

禁じられています。)

新しい物好きな人が多い日本では、(私もその1人です、、)

これが1番の原因だと思います。

後は、飲みやすいですね!

赤ワイン特有のタンニンの渋み(深み)がほとんど

感じない変りに、葡萄ジュースの様な軽いフレッシュさが

味わえます。

 飲食店では、解禁日になるとボトルやグラスで

売られている店も多いですね。

店の雰囲気にもよりますが

グラスだと700円前後、フルボトルで3500円〜4500円

が相場だと思います。

解禁日から約1週間はよく売れるのですが

その後は余り売れなくなってくるので

飲食店責任者は在庫の抱え過ぎには注意が必要です。

年を越してしまうと、全然売れないですよ!

今年のボジョレーヌーボーは、気温が低く

天候に余り恵まれない時期があったそうです。

しかし、おいしい・まずいは飲んだ自分が勝ってに

決める事なので、今年も味わって飲んでみたいと思います。



posted by あつ坊 at 01:11| Comment(5) | TrackBack(0) | コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。